バーチャルユーチューバーを 一緒にチャレンジしていこう

オンラインサロン詳細

自分の今一番関心があり、努めていることを一緒にやっていく人たちと繫がるサロンにしようと思いました。

現在、アバターを作って、情報を発信していくために活用しようと努めています。

取組んでみて気づいたことをシェアします。

その1 アバターをどのように動かしたらいいか、そもそも、どんなふうに動かしたいか。

その2 ユーチューブってどういう風に情報発信をしているのか。

その3 どうやったら、ユーチューブで情報を見てもらえるのか。

この3つが難しいと思いました。


これから動画の時代と言われています。

情報発信の方法は、様々です。これは、これからも変わらないと思っています。しかし、何故、動画の時代と言われているのでしょうか?それは、文字を読まない…耳で聞くだけで理解できないところを、動画で補うことが、主流になっていくことを意味しているとのことです。

実際に、現在、本を読まないだけでなく、漫画も読まない、そんな若者達がいます。漫画も文字の部分は飛ばして、絵で理解しているという実態を、私は知っています。そして、少し早めの動画であっても、動く情報には理解を示す傾向は10年前からあることを感じています。よって、漫画で広告を発信している、本を漫画にして発信している情報が多い現在の状況ですが、次の形態つまり、動画での情報が中心に変化していくことを、肌で感じています。

そこで、私は、取り組み始めた次第です。


どうして、バーチャルユーチューバーを一緒に取り組んでいこう!というこのコミュニティを作ったのか?

カンタンです。私が新しい時代についていこうって努力をしていて、仲間を作らないと、挫折してしまいそうと思ったからです。

ご存知ですか?

若者達は、動画編集は習わなくても、何となくできると言います。

若者つまり、今の十代なんて、本当にバーチャルユーチューバーに挑戦って言わず、普通に遊びながら学んでいっている現状を私は知っています。

もっと言うならば、tiktokを知ったのも、そんな十代から存在を教わってからです。衝撃的でした。

私は、かつて、動画編集を20年前に行ったり、指導していました。しかし、現在は、パソコンで動画を作らずとも、アプリの発展でスマホやタブレットでカンタンに動画編集ができる時代。

パソコンが使えなかったら仕事がなくなっていくと言われていた20年前に、四苦八苦していた先輩方を見ていた自分は、そんな先輩方に年齢が近い世代となりました。得意な人達に任せることを考え、アナログに生きていくことを選んでいた先輩方世代も、スマホを使って情報発信をしていらっしゃる現在。

これから先を見据えて考えるのは、かつて先輩方が選んでいた技術革新への対応方法。どう対処していくかを突き付けられて、新しいことを身につけようとした先輩方と諦めた先輩方と同じような別れ道を、現在、体験しているように感じています。

今の若者達は、スマホのアプリを使いこなすことは、日常的になっています。よって、バーチャルユーチューバーに挑戦という感覚ではなく、自然な流れで受け入れていると感じます。動画編集という言い方で、せっせと動画発信することがなくなる時代が近いと思わさせられる中、得意な人達に任せることも大事だと思います。しかし、自らの手でも、行って行きたいと思っている人達も多いハズ!


きっと、私より詳しい人達もいっぱいいます。

そんな方々も含めて、一緒にバーチャルユーチューバーをやっている人達が集まるコミュニティがあると嬉しいのでは?と思いました。情報交換や相談ができる環境を作ろう!と、現実社会で繋がっていくことの方が安心な方も多いでしょう。有料で集まるコミュニティでなくても、繋がっていけると必要性を感じない方もいるでしょう。

このコミュニティは、実際に各種SNSやバーチャルユーチューバーに取り組んできて、専門の方々に習ってドンドンやっていこう!とできているから始めるのではありません。むしろ、ドンドンやっていこうとやってみながら、これは同じように取り組んでいる人達と繋がって、励まし合える環境を作ることが必要だなぁと、挫折しないために作ったコミュニティです。


まだまだプロでは無い編集でも、楽しまれているtiktokと思っていましたが、つい先日、「こんなのなら、自分でもできるのに、何本目?」というコメントをいただきました。ユーチューブの世界は、動画編集が駆使されていってますので、5、6年前だと無編集で何万再生もされた動画をアップしていますが、今はもうそんな時代では無いそうです。

そして、この4月、ユーチューブのルールも変わっているようです。せっせとバーチャルユーチューバーに挑戦している私は、まだまだですが、本当に今ならまだ素人でも20年以上前くらいにワープロとしてコンピュータを使えていたらいいと言っていた状況に匹敵するように、SNS情報発信も、動画配信できたらいい方という現状にあると思っています。

今は使い方も、無料動画で学べる時代ですから、そんな無料動画でついていけてやっている人達が苦戦したことなどをシェアしたり、わからないことを助け合える繋がりづくりのコミュニティになればいいと思います。無料動画を見ても、習う機会を持っても、いやぁわからん…と同じことを聞いたり、もっとゆっくり細かいところを聞きたいんだよ!ってやってみて思う人いるよねぇ…と思ったのです。だから、教え合い、支え合いをしていけるコミュニティを作ろうと思いました。


人生100年時代ですから、50の手習いでも、まだまだ50年残りあります。

今の30代がコンピュータリテラシーが教育として始まった初期世代。次の時代からは、プログラム作成を小学生から習っていく世代になります。

もう、時代についていかなくてもいい…というのも一つですが、動画編集に挫折して脱落していく理由は、励まし合える仲間がいたら変わるかもしれないですよね。

そんな助け合う支え合うコミュニティにしていきたいです。

どうぞよろしくお願いします。


入会条件・注意事項

サロン入会申込完了後、Facebookグループへの申請を行ってください。

なお、当該Facebookグループの承認には2~3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

・Facebookアカウントについて、「明らかに実名でない」「友達がいない」

「プロフィールが全く明記されていない」など、アクティブなアカウントでない

と判断した場合、入会をお断りさせていただくことがあります。

・サロン内の内容や、オーナーや会員が発信する内容について、サロン外(口外、SNS等を含む全てのメディア・媒体)へ転記することを禁止致します。

・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。 


※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。

 ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。 

▶ https://mailform.mface.jp/frms/lcform/dk7o1zr6976p 

*当サロンは、一緒に学び、交流する場を提供するサービスです。

※ほか「IDOBATA利用規約」に準じます。


オーナープロフィール

現在、Vtuberを目指してます!

私よりも詳しい人もいっぱいいると思うのですが、あまりにも詳しい方々のレベルが高すぎて…とどこから尋ねたらいいやら…としり込みしませんか?

コンピュータでの情報処理を教えていたことはあるので、コンピュータで対応することはできていたと思います。しかし、スマホで簡単に動画も作ることができるなど、本当に驚くばかりの現状に少しずつ学んでやってみているという感じです。


オンラインサロン
メンバー募集中!
1,980円 /1ヶ月
利用規約 に同意の上、入会する