Hooked On 古典芸能

オンラインサロン詳細

 この度、世界に誇る文化遺産でもある文楽をはじめ、能や

可憐にお座敷を彩ってきた芸舞妓さん達の舞う京舞、

黄檗売茶流煎茶道、華道、京絞り(着物)などを気軽に学び、

愉しめるサロンを開設しました。

京都にあっては翠祥庵、神戸にあっては翠祥舘と名打ち

会員の皆さまと非日常のひと時を集いたいと思います。

定例会)南禅寺に近い菴、神戸御影山手の洋館、

歴史のある神戸外国人倶楽部や

異人館を拠点にして四季折々の演目を技芸員さんから直接学んだり、

それぞれのみどころを

ご教示いただく愉しいひと時を演出いたします。

また、会員の皆さまからの企画も募集して、ぜひ実現に向けて

アイデアや情報を結集していければなお一層、このサロンの目的に

近付けるように思います。

寄せられたご意見やご感想などを自由に交換できる知的な大人のサロンを

ご提供出来るように今後とも皆さまのお力を頂戴しながら運営に

邁進してまいります。

会員の皆さま、どうぞこれからよろしくお願い致します。


公演予定表】  会員の方へは封書で案内状をお送りします。

         また特典もお楽しみください。


 平成31年 5月   11日(土)三味線の会 無鄰菴(京都岡崎)

       ~あじき路地長屋の野中智史氏をお招きして~


       6月  大田神社 奉納舞と

       井上流 名取祝賀会 上賀茂神社 小原喜一氏主催


      7月  観世流 初めての能 @ 準備中


      9月  奉納文楽【寿式三番叟】@太田神社  

               上賀茂神社摂社にて


      11月  京舞 @ 準備中


2032年  2月   狐火 第2弾【 文楽の会 】@ 閑雅庵

       ★ 鶴沢清馗さん他 をお招きして


随時企画募集中!

 会員の皆さまの古典芸能(あるいはジャンルなど)に

 寄せる夢の舞台や要望など自由にお寄せください。


感想やご意見、投稿記事を随時募集中!

 会員間で自由に情報交換をしあえるサロンです。

 お気軽にコメントをお寄せください!


 日本人ならおそらく誰しもの心に響く太棹三味線の一撥、浄瑠璃、

はっと息をのむほど色のある表情豊かなお人形たちを間近に感じていただきたいと思います。

また、凛とした佇まいを神事にまで昇華させるそれぞれの芸能の中に言葉では言い尽く

せないほど長い年月を経て研ぎ澄まされた非日常の美をご紹介してまいります。

 関西に根付く古典芸能文化を次世代へ進化させながら継承していく

若手技芸員の皆さまは言うまでもなく日本の宝です。

 大人の嗜みと愉しみを堪能していただくのはもちろんですが、

そこに留まらず彼等宝物のご支援に

微力なりと寄与できれば幸いと、会員の皆さまと気持ちを同じくできれば

これほど嬉しいことはありません。

       参照:ブログ 【 Hooked On 文楽 】  
                                                                    FB  【 Hooked On 文楽 】
   

                              C・salon

   


入会条件・注意事項

1.入会された方はまず3日以内に支障のない程度で

自己紹介をお願いします。

 ①氏名(投稿時はハンドルネーム可能です。)

*注 ハンドルネームでのFB開設について

 これまでは実名登録が条件でしたが、

 現在ハンドルネームでの登録が可能という報告があります。

 参照:https://drive.google.com/open?id=1r8ZMRh3nmLcq9tDD8PQdwtiM8Sazr3DH

2.禁止事項

 ※投稿言動の否定など

3.わからないことがあれば

 遠慮なく管理者にお問い合わせください。

4.ご自分の解釈や工夫を是非投稿してください。




※ほか「IDOBATA利用規約」に準じます。


オーナープロフィール

                                                         

【先ずは文楽に特化してのご挨拶】 

皆さま、はじめまして。

私は女子の多分にもれずお人形好きの幼少期を送りました。

最も古く、しかし今でも鮮明に記憶に残るのはNHKのお母さんといっしょ「三匹の子豚 ぶーふーうー  」 です。

ぬいぐるみがカバンから一体づつ出され、三体揃ったところで、歌のお姉さんが

おもむろに壁にあるネジ様のものをぐーるぐる、と回し、ボタンをポチっと押す。

すると不思議、ぬいぐるみに命が吹き込まれ活き活きと動き出す、という設定でした。

最早曖昧な記憶ですがもう一つ、ぬいぐるみが 載せられた貨車がトコトコと走り出して

トンネルをくぐり出ると、それらは生を得て動いたりお喋りをし始める、という

子供心にワクワクドキドキのシリーズもあったように思います。 

さらに、NHKの人形芝居ジュサブローのお人形による「新・里見八犬伝」に魅了され、

お人形好きが高じたのでした。そして極め付けとなったのは

またしてもNHK伝統芸能テレビ中継「文楽」公演 を偶然目にした時でした。

無機質であるはずの人形がお人形遣いの技を通して、

あまりに人間的、時に人間以上に表情豊かでぞっとするほど美しい瞬間を演じる

その様子におののいたのです。誕生日のプレゼントに文楽人形をおねだりし、母親を

困らせ、市松人形で落ち着いた、というくらいお人形が好きでした。

(後日談として。。。そごうさんにお人形を見に行ったのですが、実際に買う時に

なって「このいちまさん(市松人形)、独りで留守番の時動いたりせんやろか。髪伸びたり

するんかな。。。」とビビッてしまい、お目目のパッチリな当時流行りのお人形に急きょ変更と

相なりました。。。誠にしょぼい事でございます~)


しかし(汗!)以来、長く文楽フリークという病をこじらせ続けているというわけです。   

   

 文楽という芸能は三行(サンギョウ)で成り立っています。

浄瑠璃、三味線、お人形遣いの三柱です。お客にとってはなんとも贅沢な芸能です。

そのどれもが命を削ってのパフォーマンスなのです。

一度の観劇では決して観足りない芝居です。

 文楽をはじめ、今回は言及しておりませんが様々な和の粋を織りなす伝統芸能を

僭越ながら、一生懸命ご紹介をさせていただけたら幸いです。       

                                                                                                

参照:文楽企画例

  • 2016 2月  Mon Premier Bunraku  文楽`a 閑臥庵 【狐火】【酒屋の段】
  • 2016 11月24日 神大楠文楽公演 【伊達娘恋緋鹿子】 ~火の見櫓の段~
  • 2019 6月2日 つる居 紗矢香さん 井上流名取襲名披露 上賀茂神社
  • 2019 夏 上賀茂神社摂社 太田神社 奉納文楽予定    「三番叟」

             文楽`a 閑臥庵   パンフレット                                                                                                                                                                   

オンラインサロン
メンバー募集中!
1,000円 /1ヶ月
利用規約 に同意の上、入会する